top of page
  • 執筆者の写真山崎清博

組合員の意識改革

更新日:2023年7月3日

マンション管理組合を存続危機から救うための解決法①

組合員の意識改革


マンション管理組合は、住民が自主的に設立した組織であり、共同生活を行うために必要不可欠な存在です。しかし、近年、マンションの区分所有者が管理組合に対して関心を持たなくなり、管理組合の存続が危ぶまれるようになってきました。このような状況を脱するために、以下の解決法を提案します。


まずは、組合員=区分所有者の意識改革が必要です。管理組合は、住民が自らの手で運営することで、より良い共同生活を実現することができます。区分所有者は、自分たちが住むマンションの共同生活に積極的に参加し、管理組合活動に関心を持つことが必要です。例えば、管理組合の定期総会や役員会に参加し、議決に参加することが望ましいです。また、管理組合が発行する報告書や案内資料を読み、マンションの維持管理に対して理解を深めることも必要です。組合員の自覚と責任を呼び起こすのです。


次に、管理組合が組合員に対して、業務の重要性を訴えることが重要です。管理組合は、住民の共同生活を支える役割を担っています。そのため、管理組合が適切に運営されることが、マンション全体の品質向上につながります。組合員に対して、管理組合の活動の重要性を十分に理解してもらうことで、組合員自身が管理組合活動に関心を持ち、協力することが期待できます。


さらに、管理組合が組合員に対して、透明性の高い運営を行うことが求められます。例えば、管理組合の収支報告や活動計画などを、組合員に対して開示することが望ましいです。また、管理組合が取り組んでいる問題や課題について、定期的に情報を提供することで、組合員が管理組合活動に関心を持ち、協力することが期待できます。

あなたの組合は広報にどのように取り組んでいますか、議事録を配布するだけで終わっていませんか。


最後に、組合員と管理組合とのコミュニケーションの促進が必要です。例えば、定期的に開催される住民の集まりや、管理組合が主催するイベントなどを通じて、組合員と管理組合との交流を深めることが望ましいです。また、組合員からの要望や意見に対して、管理組合が迅速かつ適切に対応することも必要です。これらの取り組みによって、組合員と管理組合との信頼関係が築かれ、管理組合存続の危機を救うことができます。

以上のように、マンション管理組合存続の危機を救うためには、組合員の意識改革、業務の重要性の訴え、透明性の高い運営、コミュニケーションの促進などが必要です。組合員と管理組合が協力して、より良い共同生活を実現するために取り組むことが、管理組合存続のために不可欠なものとなります。



閲覧数:22回0件のコメント
bottom of page