top of page
  • 執筆者の写真山崎清博

マンション管理士はサービス業です。

更新日:2月27日

マンション管理士と聞くと、どんなイメージを持ちますか?マンションの修繕や清掃、共用部の管理など、日々の組合運営に関わる仕事だと思うかもしれません。しかし、それだけではありません。マンション管理士は、マンション管理に対するあらゆる知識を生かして、あなたのマンションの価値を落とさない、住民が住む満足感、競争力あるマンションであり続けるための様々な提案をする仕事でもあるのです。マンション管理士はサービス業です。


サービス業とは、顧客のニーズや要望に応えるために、自分の専門知識や技能を提供する業種のことです。弁護士も司法書士もサービス業です。法律の知識を使って、顧客の権利や利益を守るために契約書の作成や訴訟の代理などを行います。コンサルタントと名のつくものは全てサービス業です。経営やマーケティング、人事などの分野で、顧客の課題を解決するためにアドバイスや支援を行います。


サービス業の本質は、顧客の満足度を高めることです。そのためには、顧客の状況や目的を把握し、最適な解決策を提供することが必要です。また、顧客とのコミュニケーションや信頼関係の構築も重要です。サービス業は、単に商品やサービスを提供するだけではなく、顧客に価値を提供することが求められます。


マンション管理士もまた同じです。マンション管理士はマンションのオーナーや住民、管理組合などの顧客のニーズや要望に応えるために、自分の専門知識や技能を提供します。マンション管理士は、マンションの法律や会計、建築、防災などの分野に精通しています。これらの知識を使って、マンションの適切な管理や運営を行うだけでなく、マンションの価値を高めるための計画や施策を提案します。


例えば、地震や風水害などによる被災を想定した対策や省エネ性を向上させるための大規模修繕の計画と実施、マンションの魅力や利便性を高めるための共用部の改善や設備の導入、住環境を守るための規約の整備、マンションの財政状況や管理費の適正化等々、第三者の観点からアドバイスや指導を提供します。


そしてマンション管理士は、顧客の満足度を高めることを目指します。そのためには、顧客の状況や目的を把握し、最適な解決策を提供することが必要です。また、顧客とのコミュニケーションや信頼関係の構築も重要です。マンション管理士は、顧客との定期的な打ち合わせや報告、アンケートや意見箱などのフィードバックの収集、トラブルやクレームの対応などを側面から指導します。マンション管理士には、単にマンションの管理や運営を行うだけではなく、顧客に価値を提供することが求められるのです。


マンション管理士はサービス業ということを理解することで、マンション管理士の仕事の意義ややりがいをさらに感じることができるでしょう。また、マンション管理組合もマンション管理士に依頼する際には、サービス業としての視点で、マンション管理士の役割や責任、評価や報酬などを考えることができるでしょう。


マンション管理士はサービス業ということを常に忘れず、マンション管理士としてのスキルや知識を磨き、顧客のマンションにふさわしい最高のパートナーになりましょう。

閲覧数:21回0件のコメント

Comments


bottom of page